学生がお金借りる方法の特徴と注意点

学生がお金借りる方法は、大きく分けて2種類あります。

 

その前に前提条件として、アルバイトなどで毎月一定の収入があることが必要です。

 

しっかり返済能力があることを証明できれば、学生でもお金をを借りることはできます。

 

1「学生ローン」を取り扱っている会社で借りる

学生お金借りる
学生街には「学生ローン」の看板を掲げている消費者金融があります。

 

学生ローンの特徴は、学生がお金を借りるのに特化しているので相談もしやすく
金利も学割が効いたり、返済も卒業してからでも大丈夫なように長めに設定してもらえます。

 

通常の消費者金融などの賃金業社でお金を借りる時は、「20歳以上の日本国籍のある成人」
という条件が付きますが、学生ローンの中には、18以上の大学生であればお金を借りられる会社もあるのが特徴です。

 

融資額はそれほど高くは設定されていませんが、学生さんが利用するには十分と思います。

 

注意しなければならないのは、学生さんを狙った闇金(悪徳業者)も中に居ることです。
学生ローンは大きな会社が無いので、健全に運営している会社でも名前を聞いたことが無い会社が多いです。

 

TVCMがされている訳でも無いので、健全な業務を行っている会社でも知名度は低いのが現状であり、
そんな中に闇金業者が紛れてしまうので注意が必要になります。

 

いくらお金に困っても、闇金業者から借入すると、後でもっと困った目に合います。
人生を棒に振るケースも発生するかもしれませんので、学生ローンを利用するときは十分注意願います。

 

2「大手消費者金融」「銀行カードローン」で借りる

消費者金融でも銀行カードローンでも「20歳以上の日本国籍のある成人で毎月安定した収入がある」条件で、
学生さんでもお金を借りることができます。

 

学生というよりは、20歳を過ぎた成人としての扱いになります。
そのため、学生気分で借りるのでは無く、一社会人としての自覚を持って借入する覚悟が必要です。

 

特にプロミスやアコムといった大手消費者金融を利用すれば、安心感が違います。
TVCMなどでブランド力も高いので、借りる時も安心してお金を借りることができます。

 

加えて大手消費者金融は、キャッシングサービスが行き届いています。
お金を借りているのに利息が付かない「無利息ローンサービス」や
仕事場への電話確認無し、自宅への郵便物も無しの「WEB完結申し込み」など
便利なサービスが多いので、使い勝手が良いです。

 

便利なサービスを利用してキャッシングを行えば、借入も返済も楽にできる可能性があります。
特に学生さんの場合で、キャッシング経験が少なければ、無利息ローンサービスを利用できる可能性が高いです。

 

無利息ローンサービスが利用できれば、利息の心配は不要になるので、大変お得なサービスです。
無利息ローンサービスを使うには、利用条件がありますので、まずはしっかり確認願います。

 

基本的には、利用したい賃金業社を初めて使う場合は、無利息ローンサービスを利用できます。

 

現在、無利息ローンを実施していて、安心してお金を借りられるサービスは下記です。

 

プロミスの無利息ローンでお金を借りる!

<30日間無利息ローンサービス>
プロミスでしたら「30日間無利息ローンサービス」「レディースキャッシング」
あるので利用しやすくなっています。
※無利息ローンの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミスには他にも「最短一時間融資」だったり、「瞬フリ(即時入金サービス)」など
便利なサービスがいっぱいあるので、お得にキャッシングが行えます。


お金借りたいプロミスお金借りたいプロミス

アコムの金利0円サービスでお金を借りる!

<30日間金利0円サービス>
アコムも「無利息サービス」を行っていますし「即日審査・融資」にも力を入れています。
アコムの即日審査
即日審査に力を入れていて、借入審査の回答は最短30分です。
アコムの即日融資
即日融資に力を入れていて、最短一時間で借入も可能です。

アコムアコム

スムーズに借入審査に合格するための3つの方法

学生さんがお金を借りる時でも必ず借入審査には合格しなければなりません。

 

審査と聞くと不安になる方もいますが、そんな難しいことはありません。

 

スムーズに借入審査に通る3つのポイントを解説します。

 

1.一定の収入があること

同じアルバイトをしている人でも、収入が多い人と収入が少ない人とでは、審査に大きく関わってきます。

 

特に月10万円以上収入がある人だと、審査に通りやすく高額な融資を受けられます。

 

学生は審査がそれほど厳しくないため、収入の額で審査が通らないということはそんなにありませんが、
収入が少ないと融資できる額は減る場合が多いです。

 

2.勤続年数は長い方が良い

勤続年数が長いということは、収入が安定しているということにつながるため、審査も通りやすくなってきます。

 

半年以上勤続年数があるといいと言われています。
アルバイトをする場合は、短期でコロコロ変えるのではなく長期間行うことがおすすめということです。

 

3.離職率の高くない勤務先が良い

給料が高いアルバイトはその分大変な仕事内容であることも多いため、離職率が高い場合が多いです。

 

そういう時は続けることができるという意思を示すことが大事になってきます。

[学生がお金を借りる方法]の関連記事

仕送りまでにお金の余裕がなくなった時に、一時的に学生ローンを利用する方法はあります。学生ローンが、一般の消費者金融などのキャッシングと大きく異なるのは、学生のためのローンなので、20歳からではなく、18歳から利用できるという点にあります。その代わりに、お金借りるときには学生証を提出しなければならないので、それは忘れないようにしたいですね。学生ローンを利用すのに、担保や保証人は不要なので気軽に利用出...