「賃金業法改正」とは

賃金業法の改正

お金を借りる前に押さえて置かなければならない法律に「賃金業法の改正」があります。

 

各賃金業社は、法律に従ってキャッシングサービスを展開しています。

 

しかし、利用するユーザー側も元となる金融関係の法律を押さえて置くと、キャッシングの利用計画返済計画も立てやすくなりますし、借入審査の交渉も行いやすくなります。

 

特にキャッシング関係の法律で重要なのは、「賃金業法の改正」です。
賃金業法の改正は、2010年6月に行われており、個人がお金を借りる上で重要な法律が新規に制定されています。

 

賃金業法改正は、多重債務問題を解決して、安心して貸金市場を利用できるようにするために行われました。

 

それまでのキャッシング業界は、「サラ金地獄」や「闇金業社の厳しい追い込み」など
暗いイメージが多く、実際に多重債務で返済が行えず、夜逃げをしなければならない方も多かったです。

 

賃金業法改正で生まれた総量規制法律

総量規制は、賃金業法改正に伴い導入され、個人の借り入れ総額を、原則年収の3分の1までに制限しています。

 

ただし、一部の貸付や保証は、除外されているか例外として扱われる案件もあります。
総量規制の対象になるのは、個人の貸付の場合だけなので、法人向けの貸付や保証は対象外になります

 

例えば、クレジットカードで現金を借りた場合は、賃金業法が適用されるますが、銀行からの借入れは対象外です。

 

銀行は総量規制では無く、「銀行法」で管理されています。

 

そのため、銀行からの借り入れを合わせて、借入残高が年収の3分の1を超えていても、
すぐには総量規制を違反していることにはなりません。

 

銀行のカードローンも同じように対象外です。

 

また、個人の貸付であっても、個人向け保証に関しては対象外です。
例外として、個人が事業用資金として借入れを行う時は、総量規制の対象から除外されます。

 

貸金業者から個人の借入れで、利用限度額の減額などが行われると例外になります。

 

↓↓即日お金借りたい時は即日融資サービスが充実している会社↓↓

お金借りる即日

>>即日お金借りたいサービスの詳細はコチラから確認できます!<<


お金を借りる前に確認が必要な重要事項記事一覧

個人信用情報とは、個人の年収や住宅、勤務先の情報と、ローンや公共料金の支払いに関する個人の金融に関する情報のデータベースを意味します。お金を借りたり、クレジットカードを作る場合の審査に置いて、返済能力を計る目安に利用されています。個人信用情報は、内閣総理大臣の定める指定信用情報機関制度によって運用されています。その指定信用情報機関制度では、3つの指定信用情報機関が定められています。●全国銀行協会が...

賃金業法改正により、今のキャッシングは昔よりも低金利で借りることができます。かつては、利息制限法と出資法という2つの法律が認められていましたが、現在はグレーゾーン金利撤廃により利息制限法だけが適用となります。出資法の上限金利である29.2%は違法となり、現在は利息制限法の上限である20.0%の金利までしか認められません。グレーゾーン金利撤廃により、利用者は大幅に低金利で借りられるようになりました。...