「個人信用情報」とは

個人信用情報

個人信用情報とは、個人の年収や住宅、勤務先の情報と、
ローンや公共料金の支払いに関する個人の金融に関する情報のデータベースを意味します。

 

お金を借りたり、クレジットカードを作る場合の審査に置いて、返済能力を計る目安に利用されています。

 

個人信用情報は、内閣総理大臣の定める指定信用情報機関制度によって運用されています。

 

その指定信用情報機関制度では、3つの指定信用情報機関が定められています。

 

●全国銀行協会が情報を共有する全国銀行個人信用情報センター

 

●クレジットカードに関する情報を共有するCIC(CREDIT INFORMATION CENTER の略称)

 

●貸金業の日本信用情報機構

 

上記の3つが指定信用情報機関となっています。

 

3つの内、いずれかでも滞納などによる金融事故情報があった場合は、
CRIN(CRedit Information Networkの略称)として、すべての指定信用情報機関に一定期間情報が共有されます。

 

俗にこの金融う事故情報のことをといい、金融事故情報が個人信用情報データベースに載るので
ブラックリストに載る」と言われています。

 

しかし、個人信用情報とは金融事故などの悪い情報のことだけを示すものではありません。

 

債務をキチンと返済している経歴は、個人の信頼できる証拠としても蓄積されていきます。

 

↓↓即日お金借りたい時は即日融資サービスが充実している会社↓↓

お金借りる即日

>>即日お金借りたいサービスの詳細はコチラから確認できます!<<