「上限金利の引き下げ」とは

キャッシング

賃金業法改正により、今のキャッシングは昔よりも低金利で借りることができます。

 

かつては、利息制限法出資法という2つの法律が認められていましたが、現在はグレーゾーン金利撤廃により利息制限法だけが適用となります。

 

出資法の上限金利である29.2%は違法となり、
現在は利息制限法の上限である20.0%の金利までしか認められません。

 

グレーゾーン金利撤廃により、利用者は大幅に低金利で借りられるようになりました。

 

賃金業法改正により金利が下がることで、少ない利息で借りることができるのです。

 

ローンは、金利が低いほど借りやすくなり、また返済もしやすくなります。

 

現在はグレーゾーン金利での貸付は違法であり、
一般的な借入額の10万円以上では18.0%以下の金利適用となります。

 

20.0%の金利は、10万円未満の借り入れにおいて適用となるため、殆どの方は18.0%以下の利率で融資を受けられるのです。

 

昔のキャッシングと比べて確実にお得に借りられますので、賢くキャッシングをして行きたいですね。

 

↓↓即日お金借りたい時のオススメのカードローン会社はコチラから↓↓

お金借りる即日

>>即日お金借りたいサービスの詳細はコチラから確認願います!<<