審査基準を把握してスムーズに借入審査に合格する!

お金借りる借入審査

借り入れをする際、誰もが借入審査の内容が気になります。

 

審査基準があらかじめ明確になっていれば不安はありませんが、ほとんどの賃金業社では審査基準は社内秘であり、明確に公表されていません。

 

そのため、実際に申し込んでみないと分からない部分があります。

 

事前診断プログラムを利用してみる!

しかし借入審査の審査基準をある程度の予測を立てるために、事前診断プログラムを試してみるのも有効です。

 

事前診断は個人情報を入力せずに匿名で行うことができます。

 

審査基準は会社によって異なりますので、希望するところの基準を見るためにとても有効な手段です。

 

しかし、事前診断に通ったとしても、本番の借入審査に確実に通るということはありません。

 

ただし、仮事前診断に通っているところに申し込んだ方が、借入審査に通る確率は高くなりますので、

 

まずは、いくつか事前診断プログラムを試してみて、結果を確認してみることは良いことです。

 

匿名で事前診断を行える業社でしたら、申し込みブラック(多重申し込み)になる心配も無いので安心です。

 

事前診断プログラムを複数試してみて、全てに通るという結果であれば、本審査の不安もかなり解消されていることでしょう。

 

そうなれば、あとは条件面を見比べてみて、最も自分に合ったサービスを提供している会社に申し込みを行えば良いです。

 

おすすめカードローンの事前診断プログラム

プロミス

お金借りるプロミス
簡単3項目入力で、プロミスで借入可能かすぐに結果がわかります。【匿名可能】
「お借入可能か?」を確認したら、入力内容はそのまま続けてお申込みも可能です。

 

アコム

お金借りるアコム
簡単3項目入力で、アコムの借入可能性がすぐわかります。【匿名可能】
※クレジットカードでのショッピング、住宅ローン、自動車ローンを除くキャッシングの利用に限ります。

 

簡易審査(事前診断)の注意事項

全ての賃金業社で共通していますが、簡易審査(事前診断)借入可能性を診断しているだけであり、
実際の借入審査の結果を保証するものではないです。

 

あくまでも本審査の目安が簡易審査(事前診断)です。
事前審査で合格したからといって、本審査が必ず合格する訳ではありません。
逆に事前審査が不合格だったら、本審査も不合格になる可能性は高いです。

 

モビットの10秒簡易審査申し込み(本審査の申し込み)


モビットの「10秒簡易審査」は、簡易診断では無いので注意願います。
モビットの「10秒簡易審査」は、正式な申し込みの事前審査です。

 

それだけモビットの申し込み画面は、正式申し込みでも入力項目が少なく
シンプル設計になっています。
モビットは最大でも26項目の入力で済むので電車の中でもサクッと申込できます!

 

↓↓即日お金借りたい時のオススメのカードローン会社はコチラから↓↓

お金借りる即日

>>即日お金借りたいサービスの詳細はコチラから確認願います!<<


[審査基準を把握してスムーズに借入審査を行う]の関連記事

即日キャッシングの借入審査の審査基準は、基本的には通常のカードローンの審査と変わらないです。定期的な収入や住宅ローンなどを含めた借金の有無、勤続年数などが問われる傾向です。時には、持ち家か賃貸住宅かといった項目をチェックする業者も見られます。即日キャッシングは、ビジネスやプライベートなど幅広い範囲内での出費をカバーすることができるため、社会人にとっては、無くてはならないサービスのひとつとして位置付...

20歳以上の学生が即日キャシングを利用するには、月々に安定した収入を得ていることが最低限の必要条件として挙げられます。20歳以下の大学生の場合は、消費者金融ではキャッシングを行うことはできません。20歳以下の学生の方でどうしてもお金を借りたい場合は、学生街によくある学生ローンを利用する方法はあります。学生ローンの特徴学生ローンは学生に融資することに特化していますので、金利や返済方法などに関して学生...

即日キャシングはとても便利なサービスですが、主婦の方でも利用できるかどうかは気になるところです。まず、フリーターや主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある方でしたら申込み可能です。主婦の場合は、働いている兼業主婦の場合と、他に収入の無い専業主婦の場合で、キャッシングの方法が異なるので注意願います。収入のある兼業主婦の方の即日キャッシングの方法即日キャシングの場合は、消費者金融や銀行...

銀行系キャッシング会社や消費者金融のカードローンでは、即日キャッシングにも対応していることが多いですが、土日・祝日など銀行が休みの日にもお金が必要になることもあります。土日・祝日にカードローンの申込方法まず、カードローンの手続自体はWEB申し込みを利用すれば、土日でも祝日でもインターネットで、PCやスマホから行なうことができます。この場合は銀行が休みなので、通常の振込キャッシングに対応してもらえな...

カードローンの金利は、利息制限法を上限として貸付けが行われます。つまり、下記以上の金利で融資を行った場合は刑事罰の対象になります。・10万円未満なら20%・10万円以上100万円未満なら18%・100万円以上なら15%しかし、カードローンの場合にはこれより低い金利であるのが一般的です。一方で、何らかの理由で返済が滞ったさいに請求されるのが遅延損害金です。これは返済が遅れたことに対するペナルティであ...