返済が遅れた時に発生する遅延損害金の金利は高い

返済が遅れた時に発生する遅延損害金の金利に注意!

遅延損害金

カードローンの金利は、利息制限法を上限として貸付けが行われます。
つまり、下記以上の金利で融資を行った場合は刑事罰の対象になります。

 

・10万円未満なら20%
・10万円以上100万円未満なら18%
・100万円以上なら15%

 

しかし、カードローンの場合にはこれより低い金利であるのが一般的です。

 

一方で、何らかの理由で返済が滞ったさいに請求されるのが遅延損害金です。

 

これは返済が遅れたことに対するペナルティであり、金利とは別に支払う義務のあるものです。

 

また遅延損害金が請求されると個人信用情報データベースに記録されてしまいますので、

 

個人の信用力が落ちることになり、今後新規で借入を検討するときの審査でマイナスに働いてしまいます。

 

遅延損害金の具体的内容

利息制限法では、この遅延損害金は通常上限金利の1.46倍まで請求できることになっています。

 

上限金利に従い20%なら29.2%、18%なら26.28%、15%なら21.9%という利率になります。

 

遅延損害金が発生した際には利率が低くても、遅延損害金に関しては最大利率を設定している賃金業社もあります。

 

この利率に関しては出資法が長らく29.2%が上限とされていたことが大きく影響しており、

 

1.46倍となっていますが、現在は出資法の上限が20%に引き下げられたため、

 

営利を目的とした場合に、20%を超える金利にすることはできなくなっています。

 

しかし、カードローンはもともと金利が低いため、遅延損害金が上限一杯に設定されていると

 

思わぬ支払いをすることになるので注意が必要です。

 

遅延損害金は発生させないことに限りますが、もしかの場合に備えて

 

キャッシングやカードローンの契約内容を今一度、確認して置くことをおすすめします。

 

大手消費者金融では殆ど、上限金利の20%が遅延損害金利息に適用されています。

 

↓↓即日お金借りたい時は即日融資サービスが充実しているサービスを選ぶ↓↓

>>即日お金借りたいサービスの詳細はコチラから確認できます!<<

 


トップへ戻る